FC2ブログ
2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10

「最後のお弁当」と応援詩♪

今日が の中学生活最後のお弁当になりました

給食がないので最初は毎日のお弁当が大変でした
土曜日にセミナ―があったり夏休みも課外があってお弁当率が高かった
学校にはカフェテリアや食堂もあるけれど中学棟からは遠いのと
高校生が多いことからとにかくお弁当オンリー

今日のお弁当
ごくフツーなお弁当・・・

少し苦手なおかずも残して帰って来ることもなく
ちゃんと食べてくれて作り甲斐はありました

ちょうど折り返し地点・・・
4月からまた3年間のお弁当が続きます
時には食堂に行くかな・・・・



 に昔読んだ本の言葉を贈りたくなりました
同時に最近、気持ちが不安定だったり
メンタルが弱く直面している問題に
負けそうになるそんな方たちにも

過去のブログ記事を見返したら10年前、
ミニyuirinが5歳の時に紹介してました

また新たな気持ちで、
私自身もですが
(ところどころコピペしてます)


P5290163.jpg

『Yes,I Can.』―わたしはできる    
マリア・マコーミック+久保博正≪編訳≫

この本に出会ったのは12年前・・・

言葉には生きた言葉と死んだ言葉がある
生きた言葉は心に閃き魂もを刺激する
言葉に秘められた不思議な力を感じる
【Power Of Words】


アメリカで古くから伝わる作者不詳の詩
スピリットに満ちた豊かな言葉を集めた励ましの詩(ことば)集です
印象的な詩がたくさん  英語で書かれた原詩と訳されたもの・・・
原詩を読むと少しニュアンスが違うけれど感じ方はそれぞれ・・・

2つほど書き出してみます


           あきらめないで

2匹のカエルがクリームの入った器に落ちた かきまぜてバターを作る器だった

1匹は悲観的になりやすいカエルだった 彼は何もしないで「溺れちゃう!」と嘆いた

やがて絶望的な叫びとともに足を投げ出して「さよなら」と言った


残った1匹は悲観しないカエルだった 彼は笑顔をくずさずに言った

「もう出られないけどそんなのイヤだ」「ボクは力がつきるまで泳いでやる」

勇敢にも彼はもくろみどおり泳いだ 懸命な泳ぎがクリームをかきまぜていった


彼が足をバタつかせ泳げば泳ぐほど クリームがバターに変わっていった

やがてバターの上で彼の動きがとまった 彼は喜び勇んで器の外に跳び出した 


教えは何か?
簡単なこと・・・
万一救いようのない事態になっても
消して諦めずに全力をつくしてみることだ! 


これ・・原題は『Keep Swimming』  author:unknown  作者不詳

ブラックな感じではあるけれどあまり考えずともわかりやすい詩
当たり前のことなんですけど・・その当たり前のことを忘れている事が多い
今やれる事をやってみてそれでもダメだったらそれはそれで諦めもつく
一生懸命にやったことはそれが実らなくても
やらずに実らなかったこととは全く違うことに気づかされます



私はそそっかしくて猪突猛進のところがある
それゆえ失敗ややり直しが多く原点に返る事しばしば・・
またやっちゃったぁ~ って感じです

ただ、メンタルは強い方だと自分では思う
人に相談することがほとんどないので
どうにか消化してるんでしょうねぇ(^^ゞ

そんな私の心にとても響いた詩・・・



                  失敗の贈り物

神様が私に伝えようとしていること  それは・・・

「失敗」しても私は敗者ではなく、まだ成功していないということ・・・
「失敗」は何も成し遂げなかったのではなく、私が何かを学んだということ・・・

「失敗」は私が愚かだったわけではなく、試そうという信念があったということ・・・
「失敗」で私の面目が失われたわけではなく、思い切ってやってみたということ・・・

「失敗」で何も手に入らなかったわけではなく、別の方法でやってみるということ・・・
「失敗」は私が劣っているからではなく、完璧ではないということ・・・

「失敗」は人生を無駄にしたわけではなく、人生をやり直す口実ができたということ・・・
「失敗」はそこで諦めるべきではなく、もっと頑張ってみるべきだということ・・・

「失敗」は決してうまくいかないのではなく、もっと鍛える必要があるということ・・・
「失敗」は神様に見捨てられたわけではなく、神様にはもっといい考えがあるということ・・・



原題は『Lessons of Failure』 こちらも作者不詳 
原詩を見るととりあえず『失敗』をたくさんしてみよう・・
そこから得るものは~と連想できて私は原詩の方が好きです

少し信仰色がみえるし、また人生をやり直す~など大きな失敗も含んでいるので
自分に合った部分を心に残すといいと思います

5歳の娘が最初から簡単にできたこと、より、
出来ずに失敗を繰り返し悔しがっていたことが、
今、15歳の今、自信を持って人に披露できる
得意なことになっている
今からも失敗を繰り返しながら
自分のモノにしていかれたらいいなと思います。。。。



最後にポチッ☆ ブログランキングに参加しています     
   
お弁当作り・・・折り返し地点ってことは
距離なら21kmくらいかな・・・ポチッてぇ~
[ 2018/03/09 ] 手作り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuirinroom.blog97.fc2.com/tb.php/1193-be0f6389