2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

『別府杉乃井ホテル』へ♪

春休み最後に家族で別府1泊旅行に行ってきました
場所は『別府杉乃井ホテル』
ミニyuirin  「みんな行ってるのに私だけ行ったことがないっ
がきっかけ(^^ゞ

ここねサン は家のケージでお留守番
毎回なんだけど、封筒にお金と自宅の鍵を入れて、
何かの時はここねのことをお願いします。。。
封筒はしっかり封をして友人に渡す
ダイニングテーブルの上にニャンコ用品一切合切置いていきます
そして、何もなければ封をしたままの封筒とお土産の交換(笑)


東九州自動車道は全面開通してないため豊前まで国道で
大分豊前の道の駅でトイレ休憩
この先から東九州自動車道に乗りました
スイスイ走ってあっという間に別府・・・お天気がいいから海も空も青い!


コインパーキングにとめて別府駅近辺にある人気のお店にGO

海鮮食べよ 海鮮丼定食
「海鮮いづつ」は人気店で       3人とも海鮮丼定食980円(税込1,058円)
今11:20分なのに30分待ち          予想以上に凄いボリューム
真ん中に“漬け”と呼ばれるお刺身のしょうゆダレ漬けが重なって乗ってました
待つわけです。。。。鮮度のいいお刺身たっぷりなんだもん
      

『別府杉乃井ホテル』は市内の高台にあります

別府杉乃井ホテルシャトルバス
3棟とも杉乃井ホテル(本館、中館、HANA館)
なにしろ大きいです^^* 
下の大きな立体駐車場に車をとめ、直結したシャトルバスでホテルへ


HANA館HANA館フロント


予約時は本館山側でしたが、
HANA館和洋室海側にアップグレードしてくれました
ラッキー!! 
「利用施設が本館よりかなり近いですので・・・・」と



広い 和室
右にセミダブルのベッドが2つ            広くてキレイ~~~


窓際 窓から海
窓から遠くに海が見える 一応オーシャンビューかな(^_^;)


お茶飲んで少しのんびりしたら館内探検Let's go!
広過ぎて温泉やプールまで遠い・・・・レストランや温泉まで結構歩きます

はな館図面
近そうに見えるけど、ずいずい進んでいくお散歩コースです(^^ゞ

ウェディングホール近くまで行き、ケータイ忘れたことに気づいても、
取りに戻るのは・・・そこそこ辛い^^;



アクアビートという大きくて楽しいプールが使えるんだけど今は閉鎖
アクアガーデンという温泉プールは利用できます


ここに来るなら水着がないと^^;
もう昔の水着なんてとても着れやしません
仕方ないかと、10年以上振りに水着を購入
今は安くてオシャレで体型カバーのものがネットで簡単に買えるので
ホント助かりますネ♪ ネット\(^o^)/  


広いアクアガーデン アクアガーデン
温泉だから温水と違ってやや熱く肩が出ても冷える感じがない
温泉プール、メチャ良いです♪


噴水ショー 夜のプール
夜はこんな感じ・・・1時間毎に噴水ショー キレイでした~

で、翌朝利用した「棚湯」
こちらは男女別の温泉

朝の棚湯 棚湯
段々畑みたいになっていて広くて気持ちいい   竹の枕に寝て空を見ながら・・・
お湯はちょっとだけ熱めでした。。。

寝ていた 手を放した途端プカプカ浮かんで流される事件が                  
途中でシンクロナイズド・・のように両手パタパタして回りながら戻ってきた(笑)
どこまでも器用でナイスな娘です             


お食事ですが、夕食も朝食もバイキングです
バイキングレストラン「シーズ」かワールドレストラン「シーダパレス」
どちらか選ぶことが出来ます


ワールドレストラン「シーダパレス」
シーダパレス 空が茜色に
円形のスペースで空の色が変わったり雲が出たり    綺麗な茜色・・・・
天井に仕掛けがあるんですね


夕食バイキング
バイキング 石釜ピザ (640x480)
美味しそうなものがいっぱい♪ 石窯で焼くピザは生地が薄めで冷めても美味しかった♪



どれを食べたらいいのか迷う
こんな感じふかひれラーメン
生ハム乗せのチーズパスタ                ふかひれラーメン
樽状のチーズの中でパスタをゆっくり回してチーズを付ける                        
中津の唐揚げもありました^^ けっこうお腹いっぱい(^^ゞ

↓ステーキは焼いて切ってくれる(豊後牛)
ステーキ 
美味しそうハーゲンダッツ
ミニyuirinとシェア(笑)  プリンが濃厚で美味しい♪  ハーゲンダッツ 張り切る



朝食バイキング
朝食
その場で作ってくれるオムレツはふんわり




お土産コーナー
お土産コーナー からあげおかき
                  こちらはクラスメイト用 学校に持って行くのね^^
                        

HANA館が本館よりほんの少し高いですが、料金そのままで替えて頂き、
もともと魅力的な料金だったので、お得感がありました~

完全リゾートでホテル内だけでも十分楽しめるし、
朝夕バイキングを考えるととってもリーズナブル♪
プールや温泉のタオルも無料で何度でも借りられます
そしてバイキングレストランも館内どこでも浴衣とスリッパでOK

実は大人1名1万円以下でバイキングの2食付プール温泉含
入湯税とボウリング料金のみ支払いました
上手に予約すればリーズナブルだと思う


最後にポチッ☆ ブログランキングに参加しています     
   
やっと更新できましたぁ~≧▽≦ゞ
[ 2016/04/10 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

京都の夏♪

バルコニー街が一望山の眺望


          ウェスティンホテル京都


広い・・ Deluxe room


    お気に入りのPowder room     白桃のゼリー
  

祇園四条  清水寺  35菜の赤カレー



そう、京都です
京都の夏・・日本の夏・・キンチョウの夏
今年の夏に限っては福岡も京都もそう暑さは変わらないかも・・・と
そこで 京都   ほどよいお手軽プランをチョイス
とにかく、のんびりしました♪



フルート演奏

ディナービュッフェ ローストビーフサンド

フィレステーキ パスタ

ディナービュッフェ
お肉もパスタもオムライスも目の前で作ってくれます。。。。
焼き方も包み方も1つ1つきっちり同じで丁寧、しかも柔らかくて美味しい・・・
シェフとシュフ(主婦)の違いを見ました^^;



お土産
「京ばぁむ」はどこも売切れで 焦ったぁ~

京ばぁむ お漬物

駅中の名店街で「キャ~ないんだ~どーしよぉ~」とウルウルしてたら
学生風のお兄さんが「あっちのJRホームのキオスクに3個くらいあったよ」と教えてくれて
バタバタ走ったら最後の1個買えました ありがとうございます♪

お漬物は試食のカボチャが美味しくて♪

帰宅して早速、人気の「京ばぁむ」頂きましたが、なぜか味の違いが知りたくて
こんなことしちゃうyuirin あははっ^^; 

緑茶と・・京ばぁむ分解

『おたべ』の新商品「京ばぁむ」は1,050円

京都の天然湧水と京都産の豆乳と国産の小麦粉を使ったスポンジ生地
宇治の抹茶に煎茶をブレンドした生地は深い抹茶カラーで、お味もお茶の香りが深く大人味
外側のコーティングされたフォンダン部分にも抹茶が混ぜ込まれていて甘いのにほろ苦い
普通の色の部分はさっぱりしてるけど豆乳?と思えるまろやかさがありました。。。

外側が一番美味しいです!
こんな風に分けたら外側を選びましょ(爆)




最後にポチッ☆ ブログランキングに参加しています よろしくお願いします
  
  
京ばぁむの味がなんとなく伝わったらぜひポチッとね

そのうち要らぬ写真(バラバラの京ばぁむ)を消します^^; 

[ 2013/08/26 ] 旅行 | TB(0) | CM(6)

鳥取~青山剛昌ふるさと館へ♪

出雲から松江~鳥取に入り、米子~鳥取空港に向けて日本海側をひた走り
普通なら鳥取砂丘に行くんだけど最後はミニyuirinが喜びそうな場所


宍道湖ですかね
宍道湖   遠い^^;

米子と鳥取砂丘の中間くらいに位置する目的地はかなり田舎・・・
早朝ホテルでビュッフェスタイルの朝食をしっかり食べたので昼食は後回し≧▽≦



目的地到着です

青山剛昌ふるさと館   入口横 
「青山剛昌ふるさと館」 周りは何もない田舎^^;   




あがさ博士の車 だよ   コナン通り看板
あがさ博士の愛車フォルクスワーゲン   コナン通りがあるんだぁ~

詳しそうな(ファン?)男性が近づいてきて車の説明を・・・
アニメに忠実にするため、いろいろな部分を換えている
ワーゲンの改造車だとか・・・
どこをどうだと説明してもらったけど・・・忘れた(笑)




少年探偵団   世界のコナン君
館内は大人が多い(・ ・)       世界のコナン君




青山剛昌   青山さん仕事部屋
作者はこんな人なのね♪       ミニyuirin「うわぁ、汚いねぇ~!」(^_^;)




ターボエンジン付きスケートボード   蝶ネクタイ型変声機
コナン君のスケボーに乗って      変声機が楽しい! 面白い!
「コナン通り」を走る         yuirin、楽して芹菜の声が出せる(笑)




トリック~   トリック~ (2)   
2人でトリックを実際にやってみる   キッキやる気なし




コナン君クイズ  青山劇場  
どれくらい知ってる?のクイズ
ミニyuirin、半分くらいでした~





おっちゃん    新一と蘭
 「横で写真撮る?」       「真ん中に入って撮る?」  
 「別に、いい(no)・・」     「いい(no)・・悪いから・・」


小5はシビアです・・・悪いから・・・って(^_^;)

けどミニyuirinは楽しかったようで、
大人も意外に楽しめましたぁ~♪

すでに15時・・ここから帰宅です
結局、時間がなくて美味しいもの食べる旅にはなりませんでした
コンビニのおにぎりで十分さっ




最後にポチッ☆ ブログランキングに参加しています よろしくお願いします
  
  
よかったら1ポチッしてからお帰り下さいm(_ _)m  



[ 2013/07/16 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

出雲~鳥取♪

「怪談えほん」というポスターを街中で見つけて、ミニyuirinとyuirin、
行ってみたいね~となりまして翌日飛び入りイベント見学コース


開催場所「平田本陣記念館」はこんなところでした

平田本陣

凛とした佇まい 裏木戸
高台の静かな場所に突如現れたお屋敷          裏木戸
時代劇の撮影場所になりそうな・・・


こちらは松江藩(松平家)の本陣宿として代々の松江城主が体を休めたという本木佐家
享保20(1735)年建築の当時そのままにこの高台の地(平田)に移築したもの
立派なお屋敷です

享保といえば享保の改革、大飢饉が浮かぶ  徳川吉宗が将軍だった頃ですよね~


「怪談えほん原画展」を見たらここの建物内部も見学できます
あら?おいしいかも~


まずは「怪談えほん 原画展」

怪談えほん5冊   なんか・・こわい  
原画なので写真撮影ができず・・・          ポスター

人気作家と実力派画家とのコラボで生まれた5作品
宮部みゆき、皆川博子、京極夏彦、恒川光太郎、加門七海の美しく深みのある怖い絵本

ミニyuirinと一緒に置かれていたこの5冊を椅子に座ってゆっくり見ました
持っていたい本は「悪い本」
恐かった本は「いるの いないの」



子どもたちは、おばけが大好きです。
不思議な話、怪しい話、怖い話が出ると、いきいきと目を輝かせて聴き入ります。
幼いころから怪談に親しむことによって、子どもたちは豊かな想像力を養い、
想定外の事態に直面しても平静さを保てる強い心を育み、
さらには命の尊さや他者を傷つけることの怖ろしさといった、
人として大切なことのイロハを自然に身につけてゆくのです。
 

私たちが人生で初めて出逢う書物である「絵本」を通じて、
良質な本物の怪談の世界に触れてほしい。
文芸評論家 東 雅夫氏より

なるほど・・・・



さてさて木佐家を見て回ります

居間
上の間(御寝所)


家屋から庭  
出雲流といわれる日本庭園

縁側 庭園
大ぶりの飛石、短冊石、           奥出雲の留砂を敷きつめた枯山水平庭
高く打った臼型人口飛石          老松、陰陽石など美的効果と侘び風情が特色


トイレ 男性用 浴室  
トイレ            男性用トイレ        お風呂

こちら江戸時代のトイレとお風呂なんですよね~
昭和初期?と思ってしまうほど整ってる
藩主の本陣宿だから、ですが



2階は商家の生活用品の展示でした

商家の生活家具 商家の生活品

午前中のうちに車に乗り込み、ここから鳥取へ~

To be continued・・・



最後にポチッ☆ ブログランキングに参加しています よろしくお願いします
  
  
1ポチッ、有難く頂戴しますm(_ _)m  


[ 2013/07/13 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

出雲る♪

あはは~   タイトル・・・「ガリレオ」風にしてみました\(^O^)/



出雲大社から少し離れた場所にある「島根県立古代出雲歴史博物館」
とても楽しみにしてたの~ワクワク~♪

歴史博物館



まずは「神話シアター」
古事記や日本書紀に残された神話エピソードを360度動く映像で体感できちゃいます
内容は各20分ずつ「スサノヲ神話」「オクニヌシ神話」「風土記神話」「中世のヲロチ神話」


神話シアター
神の夫婦イザナギとイザナミの物語、子のアマテラス、ツクヨミ、スサノオの物語や
因幡の白ウサギ、ヤマタノオロチなどネ 
出雲神話はとても興味深いです 
わかりやすく面白かったのに時間的に全部見られなかったのが残念




本殿柱   
本殿の巨大柱 
出雲大社が巨大であった証・・・


クリックしてね♪
本殿模型   境内模型
出雲大社の模型            慶長時代の境内模型
模型の人、わかる?      



銅鐸と銅剣
銅鐸と銅剣358本出土(凄い)

出雲は生活必需品もたくさん発掘され、人も多く住みやすい地域だったようです
小高い丘の上で男女の出会いパーティー?のジオラマがあり、
さすが縁結びの出雲だなって・・・


電車改札天秤ふいご
昔の電車と改札                           天秤ふいご                      

古代の楽器の展示や天秤ふいご体験などもあり、やっぱりミニyuirinが体験(笑)
ばんこ(作業者)が交代で踏んで風を送ることから
「代わりばんこ」という言葉が生まれたんだって


雲州(松江藩)の力士の大きなパネルがあって、
ミニyuirinがお相撲さんの手に自分の手を合わせると「ど~すこい!」と言う
時々出る言葉が変わるものだから笑いながら何度もやっていたら人が集まって来た(・ ・;)
どうやら過剰反応のミニyuirinが面白くてミニyuiを見てた?



島根ワイナリー
博物館を後にして通り道なので「島根ワイナリー」に・・・

ワインの試飲ができるのでとりあえず全種類少しずつ飲んでみた
で、酔っちゃった(笑) やっぱyuirinはお酒弱~い

To be continued・・・

*寛文期の復元模型を写したら・・・
ガラスの向こうに薄茶色のワンコ(Mダックスっぽい)と女性が離れて^^;
博物館はワンコは入れないと思うし宙に浮いてるし・・・
けど、嫌な写真じゃないんだよね う~ん、どうなんだろうう



最後にポチッ☆ ブログランキングに参加しています よろしくお願いします
  
  ↑1ポチッ、実にかたじけない♪    
    押してくれた方には出雲大社のお守りパワーを・・・




[ 2013/07/07 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)